【安佐南区】外壁塗装の費用・施工の相談に対応!メンテナンス時期の目安・リスクとは?

安佐南区で外壁塗装を検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか。外壁塗装のメンテナンスには、適したタイミングが存在します。こちらでは、外壁塗装のメンテナンスに適した時期をはじめ、メンテナンスを怠ることで考えられるリスクをご説明いたします。

外壁塗装のメンテナンス時期とは?

exterior wall maintenance time

外壁塗装のメンテナンス時期は、使用する塗料の種類によって異なります。

ウレタン塗料

光沢があるウレタン塗料は見た目がきれいな上、リーズナブルに使えるという魅力があります。耐用年数は8~10年ほどで、定期的な塗り替えが必要不可欠です。

シリコン塗料

多くの住宅の外壁塗装に使われている塗料です。耐用年数は10~15年程度となっています。

ラジカル塗料

ラジカル塗料はコストパフォーマンスに優れており、人気を集めています。耐用年数は14~16年ほどです。

フッ素塗料

フッ素塗料は丈夫な塗料で、15~20年程度持ちます。ただし、土地の風土によって15年経過する前に劣化が始まることもあります。

無機塗料

シリコン塗料やフッ素塗料に無機質材料を混ぜたものです。無機塗料の品質は製品によって異なりますが、中には耐用年数が25年程度ものもあります。

塗料の耐用年数はあくまで目安です。メンテナンスの必要時期が早まる場合もあれば、通常通りの場合もあります。安佐南区の住宅に外壁塗装が必要かどうかお悩みの際は、施工業者に相談することをおすすめします。

外壁塗装のメンテナンスを怠るリスクとは?

risk

外壁塗装のメンテナンスを怠ると少しずつダメージが蓄積されていき、以下のようなトラブルが起こる可能性があります。

雨漏り

外壁塗装の劣化によって住宅の防水性が失われると、雨水が浸入することもあります。また、雨漏りはカビの繁殖や構造の腐食などを引き起こし、住宅全体の劣化に発展するおそれがあるため注意が必要です。

害虫被害

シロアリをはじめとした害虫の発生も、外壁塗装のメンテナンスを怠ったことによるリスクです。害虫は住宅に大きな被害を及ぼすので、早めに対処するようにしましょう。

住環境の悪化

外壁塗装の劣化は住宅の冷暖房効率を下げてしまいます。こうなってしまうと快適に過ごせませんし、冷暖房の使いすぎによって電気代も高額になってしまいます。

美観の悪化

外壁塗装の劣化は建物の見た目も悪くします。美観を損なうことで、近隣住民との関係にも影響を及ぼしかねません。早めに施工を行う必要があるでしょう。

リフォーム費用が高額になる

外壁塗装の劣化を放置しているとダメージがどんどん進行し、修繕にかかる費用が高額になる可能性もあります。早めに外壁塗装を行うことは、後々の修繕費用を節約することにつながります。

安佐南区にある住宅の外壁にひび割れや色あせなどの異常が見つかった場合、放置せず専門業者に相談することが大切です。安佐南区で外壁塗装の劣化でお悩みの方は、株式会社ハウジング丸二にご相談ください。

安佐南区で外壁塗装の費用・施工に関するご相談なら株式会社ハウジング丸二へ

外壁塗装は年月が経過するうちにどんどん劣化してしまうものです。長持ちする塗料であっても、20年程度経過すれば塗り替えなどの処置が必要になります。早めに外壁塗装のメンテナンスを行い、快適な住環境を整えましょう。安佐南区で外壁塗装をご希望なら、株式会社ハウジング丸二にお任せください。施工内容や費用などに関するご相談にも丁寧に対応いたします。

安佐南区で外壁塗装の施工や費用に関するご相談なら、株式会社ハウジング丸二へお問い合わせください!

会社名 (株)ハウジング丸二
会社名カナ ハウジングマルニ
所在地 広島県広島市安佐南区長束5-17-12丸二ビル
電話番号 082-238-2138
ファックス番号 082-238-2181
携帯電話番号 090-7135-7575
設立年月 H2年4月10日